ケア輸送サービスについて
高齢者や障害者の方でも、できることなら、行きたい場所にいつでも移動できる人々と同じように、自由に外出したいと思っています。高齢者人口が急速に増え続けている中で、こうした方々への外出支援の必要性はさらに高まることが予想されます。

ケア輸送サービス利用者の皆様へ
全国福祉輸送サービス協会では、高齢者や障害者等の移動に制約がある人々を支援するケア輸送サービスについて、その質の確保や向上を図るための「ケア輸送サービス従事者研修」を行っています。
あるお客様のご利用の様子
イメージ
車椅子をゆっくり押すといった、タクシーまでの移動にも配慮があります。
イメージ
車椅子からタクシーへの乗車には、お客様の頭をぶつけないよう気をつけます。
イメージ
車椅子のたたみ方、開き方をはじめ、基本的な構造や使い方を知っています。
イメージ
走行中は体勢が崩れやすいので曲がる前などは事前に声をかける配慮があります。

ケア輸送のマーク
「ケア輸送サービス従事者研修」の修了者が乗車する車両には「ケア輸送」のステッカーが貼ってあります。
歩行介助が必要な方、車椅子を利用の方、聴覚・視覚障害のある方、また痛みのある方、長時間にわたる診療・治療などで疲れている方など、それぞれの方にふさわしい介助の仕方を研修を通して学んでいます。

(c)2004 National Welfare Transportation Service Association All Rights Reserved