「八尾フィルハーモニー交響楽団」プロフィール

(マネージャー末 孝俊)

establishment(創立)

 「八尾フィルハーモニー交響楽団」、12年前八尾市で初めて誕生したアマチユアの市民オーケストラです。

 昭和六十三年五月、八尾市久宝寺四「顕証寺」のホールを練習場として集まった弦楽器・管楽器奏者四十四名で、その前身である「八尾交響楽団」が発足しました。

 文化都市八尾を目指す当時の状況が、その年の十月に南小阪合町二「八尾市農協会館」ホールで開催された創立記念演奏会での市長の祝辞の内容からも伺えます。

mayor message(市長からのメッセージ)

 「祝辞、八尾交響楽団創立記念演奏会が盛大に開催されますことを心からお祝い申し上げます。

 本市では数多くの市民の皆様によりまして、多種多様な文化活動が展開されているところでございますが、このたぴ、八尾市で初めて市民オーケストラが誕生いたしましたことは、文化的な町づくりをすすめております八尾市におきまして、市民の文化活動に対する盛り上がりを示すものであると同時に大変喜ばしいことでございます。

 楽団の創立にあたり、多大なご尽力をされました間係各位に深く敬意を表するしだいでございます。

 八尾市は本年で市制施行四十周年をむかえ、十一月には市民の文化活動の拠点となります待望の文化会館「ブリズムホール」がオープンするはこぴになりました。

 二十一世紀にむけて、文化的な町づくりとして大きく飛躍しようとしております時だけに、八尾交響楽団の今後の活躍に期待を寄せるところ大なるものがございます。

 本日の演奏会の成功と、多くのクラシックファンを魅了した演奏活動を展開されます様、祈念をいたしましてお祝いのメッセージといたします。八尾市長山脇悦司」

 なお、この祝辞を代読していただきましたのは、当時助役で現市長の西辻豊氏であります。

 プリズムホール
activity(活動)

 その後、楽団の名称を「八尾フィルハーモニー交響楽団」とし、完成した八尾市文化会館「ブリズムホール」の大ホールを拠点として、年二回の定期演奏会と、ピアノ協奏曲を中心とした「名曲コンサート」さらにブリズム・ミユージック・フェスなどの演奏活動を通じて市民の皆様に親しまれています。

 また、演奏活動は大阪国際交流センターや東大阪市民会館など周辺都市にとどまらず、平成三年と四年の夏には、兵庫県日高町芸術文化振興基金対象事業として依頼を受けての演奏会、町をあげての「八尾フィル」歓迎ムードに団員も驚くぽどで、提供を受けた民宿では夜遅くまで各部屋でアンサンブルを奏でる楽器の音が間こえていました。

 さらに、平成六年には八尾市長のメッセージを携え、韓国ソウル市における国際親善演奏会を開催し「八尾フィル」初の海外演奏活動を成功させました。

member(団員)

 現在の団員は、学生・主婦・会社員・教員・自営業そして定年退職者など、女子高校生から八十ニ才の〃おじいちやん〃まで総勢六十名、八尾市や東大阪市をはじめ周辺都市さらには奈良・京都・兵庫など他府県からの音楽愛好者達が、毎週日曜日の夕刻に楽器を手にして練習場に集まって来ます。

practice space(練習場)

 創立当初の「顕証寺」から、同じく八尾市本町四の「大信寺」のホールに練習場を移し、長らくお世話になっていましたが、団員の増加にともない騒音や駐車場など、種々の間題が生じ、八尾市天王寺屋にあるポウリング「アロー会館」のミーテイングルームをお借りして練習を統けていました。

 その後東大阪市荒川二「末日聖徒イエス・キリスト教会」のご好意によりホールを使用させて頂き、毎年十二月にこの教会に於て「八尾フィルハーモ二−交響楽団と教会聖歌隊」によるクリスマス・コンサートを開催し、地域の住民の方々にも楽しんで載くことができました。

 種々の理由により、今年の一月からミキハウス様のご好意により、八尾市若林町にありますミキハウス本社ピル四階「社員用ラウンジ」をお借りすることが出来、団員一同はりきって毎日通目、練習に参加しています。

welcome(ようこそ)

 音楽に興味のある方、ぜひプリズムホールでのコンサートにお越し下さい。

入場券その他お間い合わせは、八尾市柏村町1の2、細合(ぽそあい)方「八尾フィルハーモニー交響楽団事務局」電話は729(99)7491まで。

 また、入団ご希望の方は事務局へお問い合わせ下さい

return(戻る)