桜 ま つ り

 八尾の桜の名所は、山手では恩智城址。4月最初の土曜、日曜日に桜祭りが開かれる。

 地元の青年団主催の桜まつりには、公園に舞台が設営されカラオケ大会や芸人によるアトラクションもあり、八尾で一番賑やかなお花見が行われている。

 

 

 市街地では玉串川、長瀬川の桜並木が市民に親しまれている。玉串川の流れに沿って続く4kmの桜並木は、昭和の初めから40年代にかけ、付近に住む八尾市民が自ら植え、育ててきたものです。約1000本の桜はほとんどがソメイヨシノですが、河内山本駅から南側にはサトザクラに代表されるような八重のサクラも見られます。昭和63年には八尾市が護岸と歩道の整備を行い、桜の下で休憩ができるベンチや、川におりることのできる親水場所が設けられた。 近鉄八尾駅北東にある桜ケ丘公園も美しい。