八尾 名物

・葉ごぼう
葉ゴボウ(若ごぼう)。地元では八尾牛蒡(ヤーゴンボ)と呼ばれ春の味覚として人気があります。
・ブラシ
製産量は、日本一。かつて戦前に9割を占め戦後も6割を占めている。
・河内木綿
江戸時代から明治にかけて八尾は大和川の付け替え後の川床を新田とし、砂地に向いていた綿作が盛んでした。
・五智菓
季節の果物や野菜をそのまま和菓子にした桃林堂の「風土菓」。
・植木
「やまんねき」と呼ばれる山手では昔から有名


[*.BACK]
[#.HOME]
八尾物語