札幌「わがままねっと」では、広く仲間を募集しています。

募集内容
・「札幌わがままねっと」会員
会費無料です。入会希望の方は、下記のアドレス宛てにメールをお願いします。
・「札幌わがままねっと」パソコンボランティア会員
障害を持つ方々へのパソコンボランティアをしています、
・「札幌わがままねっと」オフラインミーティングボランティア会員
とにかくオフラインミーティングが頻繁に開催されるネットです。車椅子介助のお手伝いをお願いします。

毎日新聞 96年07月06日
身障者の交流広がった…パソコン通信、身近な情報−−札幌の川島守さん、開設
 ◇健常者と付き合い、屋外活動も活発に  札幌市内にキー局を置くパソコン通信「わがままネット」が、家に閉じこもり がちだった身体障害者の交流の場になっている。パソコンを通して健常者とも友 達になり「オフミーティング」と称して一緒に屋外に繰り出すなど、活動範囲も 広がり、障害者の生きる喜びが増している。  筋ジストロフィーの重度障害を持つ同市南区北ノ沢の、川島守さん(46) が二年前に開設した。「大手のパソコンネットは、首都圏中心の情報が多い。 役に立つ身近な情報を提供したかった」と動機を語る。会費は無料で、会員約六 十人のうち半分近くは障害者。教師や佐官工、内装工など多種多様で、遠くは盛 岡市内にも会員がいる。  午前五時過ぎ、ベッドの傍らにあるパソコンにメールが入る。一日平均二十通 。近況報告や最新の軽量電動車いすの販売が始まった話題、障害を持つ親からの 悩みなど。身近な問題は、各会員が意見を出し合って解決の糸口を探す。   「オフミーティング」では、札幌市内の散策や絵画の鑑賞にも出掛ける。健常者 の会員が移動用の車を用意し、階段があれば車いすを担ぐ。「人との付き合いが 広がり、生活にも張り合いが出てきた。一人でも多くの障害者にこの楽しさを伝 えたい」と川島さんは話す。

wagamama2@jcom.home.ne.jp