トップページへ依頼したいとき>仲間になりたいとき

手始めに研修を
埼玉県社会福祉協議会では、地域において福祉教育の推進役となる人材を育成するために
「埼玉県福祉教育・ボランティア学習推進員(以下「推進員」という)養成研修を実施しています。
 この研修は、福祉に関する知識や技術のみならず、豊かな福祉観と幅広い視野を身につけ、
自らが福祉教育を実践するとともに、関係機関などが福祉教育の取組みを行う際に、アドバイスが出来る人材の育成を目的としています。

 研修の参加者は、県内の市町村社会福祉協議会からの推薦のあった方で、社会福祉協議会職員、学校教員、社会福祉施設職員、ボランティア、及び障害のある人などです。

 養成研修を終了すると「埼玉県福祉教育・ボランティア学習推進員」として認定されます
認定を受けた推進員の役割は次の通りです。
学校の「総合的な学習の時間」を中心に、子どもに対する福祉教育の支援
市町村社会福祉協議会が行う、福祉教育研修やボランティア講座などの企画、
講師、運営等を行い、市町村社会福祉協議会事業の充実を図る。
自身が所属する組織(学校、ボランティアグループ、社会福祉協議会、施設など)
で、福祉教育のリーダーとなる。
近隣住民に対する福祉教育アドバイザーとして、福祉教育の普及・啓発を図る。
関係機関が連携をする際の核となる。
より豊かな福祉教育プログラムを開発する。
具体的には次のような活動を行っています。
「総合的な学習の時間」のプログラムを協同開発、実施
手話や点字の講師
擬似体験(車椅子、ガイドヘルプ、高齢者擬似体験など)の指導
障害当事者による講話(生活体験談等)など