TOPページに戻る

鶴ヶ島市立障害者生活介護施設介護施設きいちごは、心身障害者の自立と社会参加を目的とした施設であり、社会福祉法人鶴ヶ島市社会福祉協議会が鶴ヶ島市の委託を受け、その運営を行っています。

愛称「きいちご」

きいちごは、毎年白い花を咲かせ赤い果実が実る、成長の早い樹木です。
当施設は、このきいちごにあやかり、仲間達の自立更正と社会参加が一日も早く図られるように、またその家族にとっても実りある施設となるように、愛称「きいちご」と名づけられました。

施設の概要

名称:鶴ヶ島市立障害者生活介護施設介護施設 きいちご
設置者:鶴ヶ島市
運営者:社会福祉法人鶴ヶ島市社会福祉協議会(鶴ヶ島市指定管理事業)
開設:平成元年4月1日
(平成28年4月1日より生活介護事業開始)
定員:20名
休所日:土曜、日曜、祝祭日及び 年末年始休暇
種別:障害者福祉サービス(生活介護)
住所:埼玉県鶴ヶ島市三ツ木935-1
電話:049-287-7456
FAX:同上

施設の目的

心身障害者であって、一般の事業所で雇用されることが困難な方を対象に、通所の場を設けて自活に必要な訓練を行っています。
さらに仕事を通して職業訓練を行い、自活への道を開くことにより心身障害者の福祉の向上を図ることを目的としています。

入所対象者

鶴ヶ島市在住で、一般の事業所で雇用されることが困難な15歳から65歳までの心身に障害を有する方。

入所手続き

鶴ヶ島市役所健康福祉部障害者福祉課までお問い合わせ下さい。
TEL:049-271-1111

製品の紹介

仲間達が、失敗を繰り返しながらも、少しずつ技術を積み重ねてきました。 手作りのぬくもりが感じられると、これまで多くの方々にご愛顧頂いております。 ぜひ、一度お試しください。

牛乳パックリサイクル椅子 500円

牛乳パックリサイクルはがき 100円
お求めの際は、きいちごに直接お問い合わせ頂くか、市役所6階「喫茶第二どんぐり、又は南市民センター第一どんぐり」にてお尋ね下さい。

一日の流れ

   8:15  送迎出発    9:00  開所
   9:30  送迎着
   9:45  朝の会・体操
  10:00  活動①
  10:45  休憩
  11:00  活動②
  11:45  昼食昼休み
  13:40  活動③
  14:45  帰りの会
  15:30  送迎出発
  16:00  閉所

主な活動内容

・地域資源回収
・有機、減農薬野菜の仕入れ、販売
・地域清掃(ごみ拾い)
・内職(タオルたたみ)
・缶つぶし
・牛乳パックリサイクル椅子の作成
・牛乳パックリサイクルハガキの作成
・農作業
その他の活動
・スポーツ(ウォーキング)
・アート
・レクリエーション

年間予定

  5月  きいちごパーティー
  6月  家族会・健康診断(鶴ヶ島在宅医療診療所)
10月  避難訓練
12月  きいちご忘年会
  1月  家族会
  2月  健康診断(施設内)
その他、各月個別外出行事の実施