こ も れ び

        
会の主旨
交通事故での、脳挫傷等の重傷者が、20年前では助からなかった命が、救急救命の技術、医療の進歩で助かる人が多くなりました。
しかし、頭部内の見えにくい脳の損傷は生命維持ばかりではなく、いろいろな後遺障害が発生し、当事者、家族、が困窮している現状です。
このような困難な状況にある脳外傷(児)者とその家族が集まって本会を結成しました。この会の主旨は、会員相互の交流によって情報を交換し、共に支え合い、家族や社会での問題解決の道を探ることです。
さらには脳外傷リハビリテーションの方法を探ること、社会的不利を改善するための啓発活動、脳外傷発生の予防も視野に入れて活動します。
お知り合いの方で同じような症状で悩まれている方がいましたら、各地に会が発足していますので、お近くの会へ連絡してご相談下さい。

定例会/相談会を開催 毎月第3月曜日13:00〜16:00
場所 鶴ヶ島市藤金638−1 「暖家」
問い合わせ先 090−4535−2026 草嶋
        
脳外傷とは? 脳外傷(児)者をとりまく状況
高次脳機能障害とは?
出版物案内



メールはこちらへ:こ も れ び