メールはこちらへ _ ひとつ前のページに ホームへ戻る ホームに戻る

下市このみ Mail News

¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
下市このみMailNews No.141 2005/01/14
   http://ww3.tiki.ne.jp/~s-konomi/ 
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬

 □■□■□ CONTENTS □■□■□
 〇少子に備える時代
 〇もう1つの心配「災害対策」
 〇おしらせ

○o・。○・o。o・○・o。○・o。・o。○・o。o・○・o。○o・。

新しい年、2005年が始まりました
今年は戦後60年という節目の年。
新たな気持ちで、市民の視点からの取り組みを前向きに進めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
少子に備える時代
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
〇新年早々の新聞も少子化問題を取り上げていました。
 1989年の「1.57ショック」から下がり続け、2003年には1.29まで下がった合計特殊
出生率。少子化に悩む先進諸国ですが、合計特殊出生率は上向きに転じてきていま
す。ところが、日本ではさまざまな対策が採られながら、その低下に歯止めがかかり
ません。
 都市部の合計特殊出生率はとくに低く、東京都渋谷区の0.75、目黒区0.76、中野区
及び杉並区は0.77となっています。

〇次世代育成支援対策で大丈夫?
 厚生労働省の2005年度の概算要求では、「次世代育成支援対策の更なる推進」とし
て、「少子化の流れを変えるため、子どもが心身共に健やかに育つ社会、子どもを生
み、育てることに喜びを感じることができる社会を構築していく必要がある」として
います。
 そして、専業主婦家庭の子育て負担感の緩和も含めた地域における子育て支援対策
や、児童虐待防止対策の充実、待機児童の解消、これらにあわせて、子育て生活に配
慮した働き方の改革を進めるとしています。

〇子だくさん家族の意見
 すっかり珍しくなった子だくさん家族。子ども4人以上の家族のご意見は、「子ど
もたちがいるだけで楽しい」「自然に増えた」「自分が一人っ子だったから」「子育
てはおもしろく、言われるほど大変ではない」とか…。
 また、「年を重ねるにつれ安心感を覚えるようになった」「子育てを通じて子ども
たちからエネルギーをもらっている」。
 それでも、お金がかかる、家が狭い、にぎやかすぎるといった悩みもあるようで
す。
 子だくさんの親たちも「女性が出産や育児をしやすい社会にならないと、少子化は
止まらない」とみています。
 人を惹きつける地方政府があちこちに出てくれば、ニッポンの未来も捨てたもので
はないかもしれませんね。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  もう1つの心配「災害対策」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
〇災害対策基本法制定の契機の一つに1959年の伊勢湾台風があります。死者、行方不
明者を合わせると5000人以上、物的損害は、当時で7000億円を超えたといいます。
 現在は水防体制の整備も進み、行政の防災対策も充実してきているはず。でも、残
念ながら、自然の力の前に、人の力が及ばないこともあり、災害は生じてしまいま
す。
 災害は未然に防ぐことができれば一番良いのですが、完全な防災は無理。とすれ
ば、災害はいつかは起こるものとして備えるべきです。地域の防災訓練などをその場
所の状況に応じて、個別具体的に行うのが望ましいわけです。
 災害からの復興には、自分自身による「自助」、地域で助け合う「共助」、国や地
方自治体による「公助」があり、その割合は、7対2対1と言われています。過去の災
害の例からも行政がいろいろやってくれるということはなく、自分で自分を守る、地
域で地域を守るという意識を持つことが重要です。

 少子化対策も災害対策も地域の助け合い抜きには、成り立ちません。
 2005年を地域再生元年とし、地域のパワーを掘り起こし、地域自治を強める年にし
たいものです。
 〔下市このみ〕

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  おしらせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
〇下市このみボウリング大会
 2005年1月30日(日) 岡山フェアレーン
・13:30集合 14:00ゲーム開始
・参加費 (靴代別) 中学生以上1000円
 小学生以下500円    
・申込み〆切 1/20(木)

各種イベントはこちらからもご覧いただけます。
http://www2.oninet.ne.jp/simoiti/jimusyo/ivent.htm

詳細は下市事務所へお電話・ファックス・メールをください。
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
発行:下市このみ事務所  岡山市高屋187-4 ビテンタカヤビル201 
ご意見・ご感想はこちらへ s-konomi@mx3.tiki.ne.jp
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬

上へ 一つ前に戻る ホームへ戻る 著作権表示