メールはこちらへ _ ひとつ前のページに ホームへ戻る ホームに戻る

 

¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
下市このみMailNews No.137 2004/11/01
   http://ww3.tiki.ne.jp/~s-konomi/ 
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬

 □■□■□ CONTENTS □■□■□
 〇ご参加ください「明日からできるまちづくり」
 〇おしらせ
 
○o・。○・o。o・○・o。○・o。・o。○・o。o・○・o。○o・。

今日から11月。
冬が急ぎ足でやってきます。
朝晩の気温の差も大きく、毎朝、何を着ようかと悩んでしまいます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ご参加ください「明日からできるまちづくり」
  11月7日(日)14:00〜16:00 岡山市立東公民館
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

○災害は忘れた頃に
 今年は災害の多い年になりました。災害の少ないといわれているこの岡山でも、台
風16号による高潮は、東部海岸沿いを中心に大きな被害をもたらしました。そして台
風23号の強い雨と風により、竜ノ口グリーンシャワー公園や操山里山センターでは、
遊歩道に大きな木が倒れ、今も復旧作業中です。
 その上、23日の夕方には、震度6強の揺れが新潟県中越地方を襲いました。この地
震に関連した犠牲者は、これまでに35人を数え、不安な生活を強いられている避難者
は、約10万人にのぼりました。激震は、家族との団らんや将来の夢を、一瞬にして奪
い、その後も続く余震の恐怖の中、長引く避難生活の疲れとストレスが、犠牲者を増
やし続けることが心配されます。
 被災者の皆さまにお見舞い申し上げます。

○いかそう!阪神・淡路大震災の教訓
1995年1月17日の阪神・淡路大震災は、戦後の都市づくりの欠陥を明らかにしまし
た。この教訓としてとりわけ重要なのは、都市における自然環境の保全と共存が、都
市の安全の基本であることを教えたことです。
 その後、各地でこれまでの防災対策の総点検が行われています。
 共通点として言われていることは、
@「地震は危い」という意識を住民に持たせること
A「人的被害ゼロ」を優先に考えること
B住民参加を基本に、地域を土台にまちづくり計画をつくること、などです。
 このような災害時に最も力を発揮するのは、地域であり、そのおおもとは隣近所の
声かけや協力です。その地域が「地域のことは地域で決める決定権」を持ち、自立度
を高めることは、防災に強いまちづくりを進めることにもつながると思います。

○講演会へご参加を
 「明石まちづくり研究所」の松本誠さんを講師にお迎えし、具体的なまちづくりの
方法を勉強する機会を設けました。
 阪神・淡路大震災と明石大蔵海岸花火事件を踏まえ、具体的な神戸や明石のまちづ
くりのお話がうかがえると思います。
 多くのみなさんのご参加をお待ちしていす。

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 おしらせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
〇学童保育 ふれあいフェスタ2004
 2004年11月3日(水)文化の日 10:00〜15:00
 岡山市総合文化体育館前広場(浦安)
・学童保育所に通う子どもたち・親・指導員と市民が集う大交流会。

○第11回ひまわりマーケット
 2004年11月7日(日) 10:00〜13:00
 高屋公園(岡山市高屋)
 ・雨天時は11月14日(日)
 ・出店者募集中! 1ブース(2m×2m)\300

○講演会「無防備地域宣言ってなあに?」
 2004年11月14日(日)14:00〜 
 岡山市民会館4F
 ・講師 小山 広明さん
 (無防備宣言運動関西世話人・泉南市議)
 ・参加費 \500(会場カンパとして)

○東部地区図書館を創る会第4回総会
 2004年11月27日(土) 13:00〜15:30
 岡山市立東公民館(岡山市高屋)
 ・総会後「手を伸ばせば、そこに本」と題しミニフォーラムをおこないます。

詳細は下市事務所へお電話・ファックス・メールをください。

各種イベントはこちらからもご覧いただけます。
http://www2.oninet.ne.jp/simoiti/jimusyo/ivent.htm

詳細は下市事務所へお電話・ファックス・メールをください。
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
発行:下市このみ事務所  岡山市高屋187-4 ビテンタカヤビル201 
ご意見・ご感想はこちらへ s-konomi@mx3.tiki.ne.jp
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬

上へ 一つ前に戻る ホームへ戻る 著作権表示