メールはこちらへ _ ひとつ前のページに ホームへ戻る ホームに戻る

下市このみNews

 No.126 2004/04/15

 

 保育サービスの第三者評価etc…

 〇保育サービスの第三者評価(愛知県高浜市の場合)
 〇みんなでチェックしよう!遊具の安全
 〇おしらせ

春本番!

 満開だった桜は、桜吹雪となって散り始め、いよいよ新緑の季節を迎えます。新しい年度の始まりは、気持ちが改まるときですね。期待と不安を胸に抱いた新入学の子どもたちの表情を大切に見守り、育てていきたいものです。さあ、私も、新入生に負けないように、気持ちを新たにがんばらなくっちゃ!

保育サービスの第三者評価(愛知県高浜市の場合)

http://www.city.takahama.lg.jp/

〇保育サ−ビスの第三者評価とは?

 保育園及び幼稚園において実施される保育サービスの質を、当事者(事業者及び利用者)以外の公正・中立な第三者機関が、専門的かつ客観的な立場から評価することをいいます。運営形態や保育内容などが変化する中、個々の事業者が事業運営における具体的な問題点を把握し、サービスの質の向上に結びつけるために第三者評価は必要です。また、利用者が保育サービスを選ぶときに役立つ情報を提供するためにも有効です。

〇岡山市の現状

 岡山市内には、市立保育園が43園、私立保育園が55園あり、それ以外に認可されていない保育園が34園あります。とくにここ数年は、待機児解消の取り組みを進め、新設・増設で保育園を増やし、その上、各保育園では定員を超えての受け入れを続けています。

 私は、このような保育園の現状が子どもたちの「育ち」に与える影響を把握する必要があると考え、これまで数回、「保育園の第三者評価」について、議会質問をしてきました。そして、去る2月議会では、「研究課題ではあるが、私どもの監査のなかで考えたい」との市長答弁があったところです。

〇高浜市の保育サービスの第三者評価

  高浜市では、民間型の保育サービスの参入を契機に、「保育の質」を確保し、広く市民に保育に関する情報を提供するため、2001年から保育サ−ビスの第三者評価を実施しています。

 高浜市での評価方法は、評価委員6名(乳幼児保育専門家2名、学識経験者1名、公募市民3名)が3名1組となり、登園から降園まで、園内を巡回するとともに、園長へのヒアリング、書類の閲覧のほか、自己評価を基に実施しています。これを現在の岡山市の監査体制で行うことはとても無理です。岡山市も早急に、保育サービスの第三者評価の導入が必要です。

 みんなでチェックしよう!遊具の安全

 六本木ヒルズの自動回転ドアの死亡事故、大阪府高槻市の団地公園の回転遊具での事故2件など、子どもが巻き込まれた事故が相次いでニュースになりました。
 4月5日に、岡山市は遊具の一斉点検をし、12ヶ所の回転遊具は、当面使用禁止とすることにしました。
 子どもたちが楽しく遊んでいる公園の遊具です。その安全点検は行政にお任せというだけでなく、私たちもチェックしましょう。

〇ボルトがゆるんでいる、異常な音がするなど危険な遊具を見つけたら、
岡山市役所(代表電話803-1000)緑化推進課までご連絡下さい。

 おしらせ

 

〇このみフォーラム

 4月23日(金)19:00〜20:30 東公民館
 下市このみが市政についてお話します。

〇百間川ふれあいフェスティバル

 4月25日(日)9:00〜15:00 百間川東川原地内

〇公務非常勤問題を考える講演会

http://park16.wakwak.com/~takayadoo/saiban/
 5月1日(土)18:30〜
 岡山市勤労者福祉センター4F

〇輝け!日本国憲法!集会

 5月3日(月)13:30〜
 三木記念ホール
 松元ヒロライブ&小田実講演
http://www.odamakoto.com/jp/

〇DV根絶シンポジウム

 5月15日(土)13:00〜16:20
 ウィズセンター(クレド岡山ビル17F)
 参加申し込みが必要です。

〇休刊のおしらせ

 5/1号は連休につきお休みします。

詳細は下市事務所へお電話・ファックス・メールをください。

上へ 一つ前に戻る ホームへ戻る 著作権表示