メールはこちらへ _ ひとつ前のページに ホームへ戻る ホームに戻る

 

下市このみNews 

 No.125 2004/04/01

 

大丈夫?! 岡山市

*市職員が競争入札を偽装*

 3月16日の総務委員会では、市税滞納者リストがごみステーションに捨てられていたことが指摘され、個人情報の保護に対する市職員の甘さが露呈されたばかりだというのに、今度は市職員が競争入札を偽装していたということがわかりました。 

 3月30日に住民監査請求の監査結果等が発表され、2002・2003年度で入札の偽装が20件あり、委託料3600万円が不適正だということがわかりました。これは、2001年に監査委員から「随意契約の理由が希薄」との指摘を受け、2002年度から入札をしたかのように事務処理を行い、実際は入札をしていなかったというものです。

 市は、この事件の起きた理由を「契約業務の経験が足りず、随意契約の延長と考えていたようだ」と説明していますが、それですまされる問題ではありません。岡山市では、委託業務は各担当課が発注するという仕組みになっており、職員が本当に手続きを知らなかったというのなら、職員としての的確性が問われます。 
 市監査委員会は、不適正な入札による損害額を決定したうえで、補填(ほてん)するように勧告しています。

*代替業務問題*

 下水道普及で影響を受けるし尿処理業者に「補填(ほてん)の実態を有する支援事業」として提供される代替業務問題で、岡山市と市環境整備協会は3月30日、過去の清算と固液分離業務の位置づけに関する協定書を結びました。清算の起点を1982年とすること、2004年度以降は固液分離業務の3割を代替業務としてカウントすることが決まりました。

 1975年に制定された「合理化措置特別法」(合特法)は、下水道普及で影響を受ける「し尿処理業務の安定」を保持することを目的にしています。この「合理化措置特別法」自体に曖昧(あいまい)な部分も多く、市民にはわかりにくいものとなっています。

児童クラブの設置要望

 

 「転居する先の小学校に児童クラブがない。どうしたら児童クラブが作れるか」というご相談を受けました。
 今、岡山市には58の小学校に児童クラブがありますが、23の小学校にはまだありません。以前は児童数20人以上で設置していましたが、現在は10人以上で児童クラブが作れます。4月からは10人未満でも「ミニ児童クラブ」が設置でき、補助金が出ることになりました。
 新しく児童クラブを作るには、地元の町内会やPTAに相談することはもちろんです
が、岡山市の勤労福祉課でも相談に応じます。
 まず、「児童クラブを作ってほしい」という声を、地域や行政に伝えることが一番です。そして、その地域に合った放課後児童対策を、地域の皆さんで考えて進めていくことが大切です。私も、児童クラブの設置へ向けて皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思います。
(下市このみ)

《おしらせ》

*お花見会〜桜の下で楽しいひとときを〜

 4月7日(水)11:00〜14:00
 集合場所;里山センター正面入口
 会費;1000円(お弁当代)
☆沢田の恩徳寺、大池界隈でお花見会をします。

*まちづくり研究会

 4月9日(金)19:00〜 下市このみ事務所
☆「まちづくり」についての話し合いの場です。 

*このみフォーラム

 4月23日(金)19:00〜20:30 東公民館
☆下市このみが市政についてお話します。

*「いずしかん」の存続と充実を求める市民のつどい

〜岡山空襲出石資料館開設2周年記念〜
 4月24日(土)13:30〜15:30 旧出石小体育館
 参加費;500円(こども無料)
☆早乙女勝元氏の講演あり

※いずれもどなたでもご参加いただけます。
詳細は下市事務所(T&F270-5333)までお問い合せください。

※下市このみ視察日程

4月14日(水)〜18(日)の日程で、中国(洛陽市)へ視察に行きます。後日、ご報告します。

}
上へ 一つ前に戻る ホームへ戻る 著作権表示