大子山岳会会則


  (名称・所在地)
第1条  本会は大子山岳会と称し、事務局を大子リフレッシュセンター内に置く。

  (目 的)
第2条  本会は、安全登山のための技術の向上とその普及を目的とする。

  (組 織)
第3条  本会は、目的に賛同し、会則を遵守する者をもって組織され、茨城県山岳連盟に加盟する。

  (事 業)
第4条  本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
    (1) 登山技術の修得のための研修及び合宿訓練等
    (2) 安全登山の普及活動
    (3) その他必要な事業

  (会 員)
第5条  本会に入会するには、登山を愛好する者が申し込み、役員会の承認を得なければならない。

第6条 (1) 本会を退会するには、退会届を提出し役員会の承認を得なければならない。
    (2) 次の事項にあてはまる場合、役員会の議をもって会員の資格を失う。
     (ア) 本会の会則を遵守しない。
     (イ) 本会の名誉を著しく傷つけたと判断される。

第7条 休会を申し出た者で、役員会でその必要が認められた者は休会員となる。

  (役 員)
第8条  本会に次の役員を置き、任期を2年とし再任を妨げない。
      会 長  1 名   副会長  1名または2名   
      幹事長  1 名   幹 事  若干名   監 事  2 名

第9条  前条に規定する役員の他に役員会の推挙により、名誉会長、顧問、参与を置くことができる。

第10条 (1) 会長は、本会を代表し、会務を総括する。
    (2) 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代行する。
 (3) 幹事長は、本会の事業の企画立案をし、実施し、会長を補佐しながら本会を運営する。
    (4) 幹事は、本会の運営や会計にたずさわる。
    (5) 監事は、本会の会計事務を監査する。

第11条 (1) 会長・副会長は、役員会で推挙し、総会で承認を得る。
     (2) 幹事長は役員会で推挙する。
     (3) 幹事・監事は総会で推挙する。

第12条  役員に欠損が生じた場合、役員会にて推挙し補充する。補欠の役員の任期は前任者の残存期間とする。

  (会 議)
第13条  本会の会議は、役員会・総会とし、会長がこれらを招集する。

第14条  役員会は、第7条に示される役員をもって構成され、次の事項を審議する。
     (1) 総会に付議すべき議案
     (2) 本会運営に関する事項
     (3) その他、会長が必要と認めた事項

第15条  総会は会員全員により構成され、年1回以上開催し、次の事項を審議する。
   (1) 前年度の事業報告、決算報告
     (2) 新年度の事業計画及び予算
     (3) 会則の改正
     (4) 役員の推挙及び承認
     (5) その他役員会で必要と認めた事項

第16条  会議の議決は、出席者の過半数をもって決定する。

  (会 計)
第17条  本会の経費は、事業参加費、助成費及びその他をもって、これに充てる。

第18条  会員は、本会が開催する事業に参加するとき、毎回事業毎に決められた額の事業参加費を納入する。

第19条  会員は事業参加費の納入を以て、本会における会費とする。

第20条  本会の会計年度は4月1日より3月31日までとする。

  (会則の改正)
第21条  本会則の改正は、役員会の議を経て総会で決定する。

  (その他)
第22条  この会則に定める他の事項については、役員会を開催し会長が定める。


付則  この会則は、昭和56年4月1日より施行する。

付則  この会則は、平成元年5月30日より施行する。(会則一部改正)

付則  この会則は、平成17年6月18日より施行する。(会則一部改正)