本文へスキップ

児童発達支援センター すみだ福祉保健センター みつばち園

電話でのお問い合わせは
TEL.03-5608-3715

集団療育

集団療育

一日の生活イメージ

 集団療育を通して心身の全面的な発達を促しながら、社会性や自立の能力を獲得していけるよう支援します。支援にあたっては集団療育職員(保育士、社会福祉士、介護福祉士等)の他、各専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理士)が総合的見地からの療育指導を行います。わかりやすい場面設定の中で、主体的、自主的な遊びをとおして子どもの運動、認知、言語、情緒、社会性の発達を促します。午前のグループでは、食事の提供を行います。

行事の一例

一年を通してさまざまな行事をおこなっています。(音楽リズム教室、クリスマス会、外出活動など)

集団療育の流れ

体験学習イメージ

集団の一日の流れ(例)

・登園(午前グループ9:30、午後グループ14:00)
・活動 
午前:あつまり→リズム→体操→課題活動→給食→保護者交流
午後:あつまり→体操→課題活動 
(活動の流れはグループにより多少変わります)
・保護者とのお話・ミニ勉強会
・終了(午前グループ13:30 午後グループは15:15)

活動の一例

集団活動の中でわかりやすい場面設定をこころがけています。

社会福祉法人
 墨田区社会福祉事業団
すみだ福祉保健センター
      みつばち園

〒131-0033
東京都墨田区向島3−36−7
TEL.03-5608-3715
FAX.03-5608-3720