超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap
 Home > Netscape6でホームページをつくろう! > ファイルを開く > Next 

■ ファイルを開く

今度は、保存した HTML ファイルを開く方法です。
ファイルを開く方法はいくつかありますので、ここでは3つの方法を説明します。
やりやすい方法を使って下さい。


1.Composer からファイルを開く方法

最初にブラウザ Netscape 6 を起動して、[タスク]メニューから[Composer]を起動します。ここまでは前に説明しました。
Composer が起動したら、[ファイル]メニューから[ファイルを開く]を選択します。
ツールバーにある ツールバーで開く をクリックしても開くことができます。
ファイルを開く
[HTML ファイルを開く]ダイアログボックスが開きますので、HTML ファイルを保存したフォルダを開き、ファイルを選択します。
HTMLファイルを開く
目的のファイルをダブルクリックするか、ファイル名を入力して[開く]をクリックすれば、保存した HTML ファイルを開くことができます。
この見本では、HTML ファイルが Internet Explorer アイコンで表示されていますが、Netscape アイコン nn icon で表示されている場合もあります。使っているパソコンで HTML ファイルをどのアイコンを使って表示するか設定しているだけなので、どちらで表示されていても同じです。
Composer で、最近使用したファイルをすばやく開くには、[ファイル]メニューから[最近のページ]を選択して、リストの中から目的のページを選択します。

2.ブラウザにページを読み込んでから開く方法

まず、Navigator に作ったページを読み込みます。Navigator にページを読み込む方法はいくつかありますがどの方法でも同じです。ここでは、ローカルドライブ(パソコン)に保存したファイルを読み込む方法で説明します。
ブラウザを起動して、[ファイル]メニューから[ファイルを開く]を選択します。
ブラウザでファイルを開く
[ファイルを開く]ダイアログボックスが開くので、HTML ファイルを保存したフォルダを開き、ファイルを選択します。
ファイルを開く
目的のファイルをダブルクリックするか、ファイル名を入力して[開く]をクリックすれば、ブラウザに作成したページを読み込むことができます。
ブラウザに表示
次にこのページを Composer で開きます。
[ファイル]メニューから[ページを編集]を選択します。
ページを編集
Composer が起動しました。
Composer 画面
この方法は、ホームページをサーバにアップロードした後、修正したいときに適しています。自分のホームページをブラウザで見ていて間違いを発見したときに、すかさず、[ファイル]メニューから[ページを編集]を選択して Composer に読み込んで修正することができます。

3.ブラウザから直接 Composer に読み込む方法

2つ目の方法は、一旦目的のページをブラウザに読み込んでから Composer を起動しましたが、今度は、ブラウザに別のページを表示したままで、目的のページを Composer に読み込む方法です。
Navigator の[ファイル]メニューから[Web の場所を開く]を選択します。
web の場所を開く
[Web の場所を開く]ダイアログボックスが開きます。
web の場所を開くダイアログボックス
ここに、目的のページの URL を入力するか、[ファイルを選択]をクリックして、目的のファイルを選択します。
続いて、[開くウィンドウ]ドロップダウンリストから、[新しい Composer]を選択します。
開くウィンドウ
これで、指定したファイルを Composer を使って開くことができます。
Composer画面

 Home < Netscape6でホームページをつくろう! < Back < ファイルを開く > Next