超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap

■ 「ソースの表示」で修正

ホームページできた〜♪
と思っても、よくよく見直すと誤字脱字がいっぱい。気がついたら修正しなければいけませんよね。それに、これからどんどん更新していかなくちゃね。
ということで、ここではページの修正・更新の方法を勉強します。


◆メモ帳を使って作成する

メモ帳 メモ帳 でホームページを作成する手順はこんな感じですね。

  1. メモ帳を起動する。
  2. メモ帳に HTML タグやテキストなどを記述する。
  3. HTML 形式( 拡張子.html )で保存する。
  4. ブラウザ( Internet Explorer )を起動する。
  5. [ファイル]−[開く]−[参照]で保存した HTML ファイルを開く。
  6. 画面に表示された内容を確認する。
  7. 間違い等があったら HTML ファイルを修正して[上書き保存]する。
  8. ブラウザの[更新]ボタンを押してリロードし、再度確認する。
  9. OK であれば FTP ソフトを使ってサーバに送信する。

違うページを作るときも、上の手順を繰り返します。
似たようなページを作るときは、保存してある HTML ファイルをメモ帳で開いてから、変えたいところだけ書き直して[名前を付けて保存]ですね。


◆ソースの表示

これはホームページ作成にはあまり関係ないから覚えてないかな。
他の人のホームページを見ていると、「これってどうやって作ったのかな?」と思うときあるでしょ。そういうときは、ブラウザ画面にマウスポインタを置いたままで、[右クリック]−[ソースの表示]ってすれば、メモ帳が起動してそのページのソースを見ることができます。うまくいかないときは、ツールバーの[表示]−[ソース]でも同じです。
かっこいいページのソースを見れば、自分でページを作るときの参考になりますね。


さてさて、ここからが本題です。
復習した上の2つを組み合わせれば、ホームページを簡単に修正することができます。
ブラウザに表示された(サーバ内の)自分のホームページを見ていて・・・「あっ、間違ってる〜」と思ったとき、普通は、メモ帳を起動して、該当するページの HTML ファイルを開いて間違いを修正し、[上書き保存]ですね。
その後、自信があれば FTP ソフトで送信してからサーバにあるファイルをブラウザで確認します。自信がないときは、ブラウザを起動して、自分のパソコン(クライアント PC)に保存してある HTML ファイルを確認してからサーバに送信します。

この作業を簡単に行うには、「あっ、間違ってる〜」と思ったとき、[ファイル]−[開く]−[参照]で、自分のパソコンに保存してある HTML ファイルをブラウザに表示します。
それから、[右クリック]−[ソースの表示]です。
こうすれば、自動的にメモ帳が起動するので、メモ帳を起動して該当する HTML ファイルを開いて・・・という手間が省けます。その後は、ブラウザの更新ボタンを押して確認し、OK であればサーバに送信します。
ポイントは、クライアント PC に保存されている HTML ファイルをブラウザで表示した場合に、[ソースの表示]で表示されるのは作成した HTML ファイルそのものということです。考えてみれば当たり前だけど・・・(^^;
ではちょっと整理しますね。

サーバ内にあるページで間違いを発見したとき、

  1. ブラウザの[ファイル]−[開く]−[参照]で、自分のパソコンに保存してあるHTML ファイルを開く。
  2. [右クリック]−[ソースの表示]で、メモ帳を起動する。
  3. 間違いを修正して[上書き保存]する。
  4. ブラウザの[更新]ボタンを押してリロードし、確認する。
  5. OK であればサーバに送信する。

これだけだと、なーんだそれだけーって感じかな。
1ページだけの修正だったら、どっちでもいいじゃんって感じだけど、まとめて修正したい時には役に立つよ。
ブラウザでオフラインのまま1回自分のパソコンに保存してある HTML ファイルを開けば、リンクを使って他のページを開くことができるから、いちいち[ファイル]−[開く]−[参照]を使ってページを開く必要はありません。
リンクを辿って修正したいページをどんどん開いて、該当ページで[右クリック]−[ソースの表示]。修正したら[上書き保存]。これを繰り返して、後でまとめてサーバへ送信すればできあがり。

さらに簡単に修正するには、[ファイル]−[開く]−[参照]も省いてしましましょう。
トップページをオフラインで読み込んで、「お気に入り」に登録しちゃいます。
すると、いちいちファイルを開かなくても、お気に入りをクリックしちゃえば自分のパソコンに保存してある HTML ファイルをすぐに読み込むことができますね。その後上の2以降を繰り返せば簡単です。

新しいページを作るとき(更新するとき)も使えます。
こんな手順です。

  1. HTML ファイルを開いて、[右クリック]−[ソースの表示]でメモ帳を起動する。
  2. [名前を付けて保存]で、ファイル名を変えて保存する。
  3. そのファイルに他のページからリンクを張る
  4. ファイルの内容を更新して[上書き保存]する。
  5. ブラウザで、リンクした他のページを開いて、リンクを辿って更新したページを確認する。
  6. OK であればサーバに送信する。

ちょっとわかりにくいかな。試してみて下さいね。