超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap

■ 掲示板

掲示板はホームページを訪れた人から感想をもらったり、ネットで知り合った人との交流に役立ちます。

掲示板は CGI っていう超初心者の手に負えないプログラムでできています。
CGI ってのは、ホームページが置いてあるサーバ上で動くプログラムの一つです。
ちなみに JAVA とか JavaScript ってのは、クライアント・パソコン(自分のパソコン)で動くプログラムです。
とにかく、みんなむずかしいんです。

CGI には掲示板の他に、アクセスカウンタやチャットなどがあります。
実は、さっき勉強した日記帳にも CGI で作られたものがあります。掲示板っぽいけど、管理人しか書き込めないようにしたものです。
これらはみんな、サーバで処理して、結果をクライアント・パソコンに表示させます。

「むずかしかったら、作れないじゃんっ!」・・・そうです。作れません。
自分では作れないんで、どっかから借りてきましょう。
ってことで、ありがたいのがレンタル掲示板です。

レンタル掲示板は、バナー広告が表示されたり、保存できる書き込み数が限られるといった制約がありますが、誰でも簡単な手続きで利用できます。
無料レンタル掲示板はたくさんありますし、有料でも、月500円とか、年間3,000円くらいで借りられます。有料だと、バナー広告が出なかったり、保存できる書き込み数が増える、カスタマイズができる、サーバの反応が早い、アニメ・アイコンがつく・・・等々のメリットがあるようです。

レンタル掲示板は、検索エンジンで探せば、わんさかあります。
地道にいろんな掲示板を見て回りましょう。
ついでに日記帳も見つければいいかもね。
通常、掲示板の見本がありますので、実際に自分で書いてみて、見た目や反応を確かめて気に入った掲示板を見つけましょう。

 ←探してみよう!!

レンタル掲示板の場合は、自分のホームページが置いてあるサーバではなく、レンタル屋さんのサーバに開設されます。だから、レンタル屋さんによって、サーバのスペックが違いますので、処理能力も異なります。よくチェックした方が良いみたいです。

他にも、掲示板が設置してあるホームページで気に入ったのがあれば、その URL から、レンタル屋さんがわかります。レンタル屋さんのサーバに開設してるから、 URL 見ればわかるよね。

気に入った掲示板を見つけたら、あとはそのサイトの説明をよく読んで、画面に従って申し込み手続きを行います。
申し込み手続きが済んだら、自分の掲示板の URL が表示されるので、自分のホームページからその URL にリンクをはるだけです。
他のホームページにリンクをはるためのタグは、<a href="URL">〜</a> ですね。
例えばこんな感じ。

<a href="http://www.netplanning.co.jp/cgi-bin/bbs/bbs.cgi?******">
みんなの掲示板
</a>

となります。
こちら http://www.netplanning.co.jp からお借りしてるってことがわかるでしょ^^
レンタル掲示板を探さなくても、自分が加入しているプロバイダのサービスで掲示板があれば、それを利用するのもいいかもしれませんね。