超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap

■ 用語集

このホームページに出てくる用語について、予め説明しておきましょう。
管理人の勝手な解釈に基づいていますので、間違っているかも知れません(特に英語のスペルはあやしい)。
とりあえず、このホームページでは、こういう意味で使っています。

ホームページ(homepage)

ホームページとは、本来は、いわゆる「トップページ」のこと。
野球のホームベースをイメージして下さい。 バッターはホームベースの横に立ち、打って、一塁に向かって走ります。一塁から二塁、三塁を回って、またホームベースに戻ってきますね。
ホームページも同様です。
インターネットをしていて、みなさんがまず立ち寄るのが、トップページ(表紙)ですね。それから、興味のある内容を見に行きます。見終わったら、またトップページに戻り、ほかにおもしろそうな内容があれば、また見に行きます。掲示板に行って、感想を書く場合もあるかも知れません。
このように、目的のページを見るときの起点となるページをホームページと言います。
ただし、一般的には、ホームページと言った場合、トップページだけではなく、コンテンツも含めた全体を指しています。
ちなみに、全体のことは、「Web ページ(webpages)」または「サイト(website)」と言うようです。Netscape Composer の説明では、Web ページと言っています。
このホームページでは、わかりやすいように、表紙のことをトップページ、全体のことをホームページまたはサイトと言っています(ときどき間違うかも知れません^^;)。

サイト(website)

ホームページが置いてあるスペースのこと。
サイトというのは場所という意味。パソコン(クライアント)で作ったホームページを構成する HTML ファイルや画像ファイルを保存する場所です。
原則として、ホームページに使われるほぼ全てのファイルが、1つのサイトに保存されることから、ホームページのことをサイトと言うこともあります。
サイトは、Web サーバの中にあります。

サーバ(server)

接続されているコンピュータにサービスを提供するためのソフト、またはソフトが入っているハードを含めてサーバ(またはサーバー)といいます。
電子メールをやり取りするためのサーバはメールサーバ、ネットワークに不正に浸入するのを防ぐためのサーバはファイアウォールサーバです。サイトを置くためのサーバは Web サーバです。インターネットには、その他にもさまざまな種類のサーバが接続されています。

アップロード(upload)

コンピュータからコンピュータにデータを送信すること。
ホームページの場合は、パソコンから、Web サーバにファイルを転送することを言う。逆に、サーバからデータを受信することをダウンロードと言いますね。

クライアント(client)

サーバに接続し、サービスを提供されるコンピュータのこと。
クライアントというのは、依頼人、お客さんという意味。今、みなさんが使っているパソコンもクライアントです。

ブラウザ(web browser)

ホームページを閲覧するためのソフト。
2大ブラウザと言えば、Microsoft Internet Explorer(通称:IE)と Netscape Navigator(通称:NNまたはネスケ)のこと。

URL(Uniform Resource Locators)

ホームページのアドレス。または、ファイルの置いてある場所のこと。
ブラウザで、ホームページを表示するときに場所ツールバー(アドレスバー)に入力する。最初の http:// は「HyperText Transfer Protocol だよ」という意味(?)。ブラウザからホームページにアクセスするための規則ってことらしい。その後に、Web サーバの指定、ホームページのファイル名が記述されている。サイトの中に、フォルダ(ディレクトリ)を作ってる場合は、サーバ名とファイル名の間にフォルダ名が入ります。
URL → http://park16.wakwak.com/~html-css/

HTML(HyperText Markup Language)

ホームページ作成の標準となっているプログラミング言語。
テキストファイル(文字列だけのファイル)にタグと呼ばれる印をつけることで、飾り文字、画像の挿入、リンク等を実現する。HTML ファイルは拡張子 .html または .htm で保存する。

タグ(tag)

HTML において、テキストファイルに記述する印(マーク)のこと。
タグというのは、荷札、付箋という意味。

テキスト(text)

文字あるいは文字列のこと。
テキストファイルと言えば、文字列だけのファイル。HTML ファイルでも、テキスト形式(拡張子 .txt)で保存すれば、テキストファイルになる。

デフォルト(default)

何もしないこと。
デフォルト表示と言えば、何も指定しなくても最初から表示されているテキストなどのことを指します。テキストを入力すると、何も指定しなければ、画面の左からはじまり、文字色は黒くなっています。これもデフォルトで設定されているためです。これに HTML タグを加えれば、センタリングされたり、カラフルな色をつけることができます。

リンク(link)

ホームページはいくつかの HTML ファイルと、イメージファイルで構成されます。これらのファイルをつなぎ合わせることをリンクといいます。リンクを張るとか、リンクが切れてる(リンク切れ)といった使い方をします。

ソース(source)

ページを作っているプログラムのこと。
IE では、[表示]メニューの[ソース]、または右クリック−[ソースの表示]で見られる。
NN では、[表示]メニューの[ページ ソース]、または、右クリック−[ページ ソースの表示]でブラウザに表示されているページのソースを見ることができる。
ソースとは、源、出所という意味。

コンテンツ(contents)

ホームページの内容のこと。メニューとも言う。
ホームページのメインテーマをメイン・コンテンツと言い、その他、「自己紹介」、「掲示板」、「更新記録」などをサブ・コンテンツと言う。

その他、わからない言葉はこれで調べてね。

IT用語検索 :