超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap
 Home > 超初心者のためのホームページ作成講座 > ホームページを作る前に > ホームページ作成に必要なもの > Next 

■ ホームページ作成に必要なもの

1.パソコン
これは持ってるよね。今、このページを見ているパソコンでOKです。
え?自分のパソコンじゃないってー。
それじゃぁダメです。さっさと買ってきましょう。安いもので十分です。

2.ブラウザ
ブラウザというのはホームページを閲覧するためのソフトです。
2大ブラウザと言えば、IE と NN です。

同じホームページを見ても、ブラウザによって見え方が違うことがあります。また、同じブラウザであっても、ブラウザのバージョンが違えば、見え方が違うことがあります。
これは、ブラウザによって、ホームページを作るためのプログラム言語を解釈する能力が異なっているためです。バージョンが上がれば、対応できる言語も増えていきます。

全てのブラウザで共通に解釈できる言語を使うことが望ましいですが、なかなかめんどうです。できれば、2大ブラウザには対応したいものです。

3.インターネット接続環境
これは大丈夫ですね。このページ見てるんだから・・・。
え?自分のパソコンじゃないってー(しつこい)。
もしこれからプロバイダと契約しようとしている人がいましたら、ホームページ・スペースを貸していただけるところを選びましょう。

4.ホームページ・スペース
作ったホームページを置いておく場所のことです。
この場所のことをサイトと言います。
通常、みなさんが契約しているプロバイダが、ある程度の容量までは無料で貸してくれます。
プロバイダがホームページ・スペースを用意していない場合や、有料の場合は、無料で貸していただけるサイトを探してみましょう。

☆無料で貸してくれるところ☆

スペースとして必要な容量は、作るページによっても違いますが、だいたい必要と思われるくらいは無料で貸していただけるので心配ありません。
紹介した、freeweb は50MB無料。GeoCities は12MB無料みたいです(2001/5 現在)。
だいたいテキスト(文字)だけのページだったら、大きくても10KBくらいです。写真や絵だとちょっと大きくて、20KBくらいかな(あまり大きいと読込が遅くなります)。
12MB=12,000KBだから、1つのファイルが20KBとしても、600個入るってことになる。十分な容量ですね。

5.FTP(クライアント)ソフト
FTP・・・ちょっと聞き慣れない言葉ですね。
File Transfer Protocol の頭文字をとったものです。「ファイルを転送する規則」ですね(英語苦手だけど、これくらいはわかるぞー)。
インターネット上にはさまざまな形式のファイルがあります。このファイルをやりとりする時の規則が FTP です。規則がないと、せっかくファイルを送っても、受取側のコンピュータが、「こんな形式知らんぞー」ってことで受け取ってもらえません。規則に従って送れば、「なんか知らんけど、とりあえずもらっとくか」ってことになります(嘘っぽい)。
なんでホームページをつくるのに FTP が関係あるかというと、ホームページは自分のパソコンで作った後、サイト(ホームページ・スペース)に転送する必要があるからです。
自分のパソコンにあるうちは、自分でしか見ることができません。サイトに転送されてはじめて、他の人も見ることができるようになります。
自分のパソコンからサイトに転送する際、この FTP ソフトが必要になってくるわけです。

FTP ソフトはダウンロード・サイトに行けば、簡単に入手することができます。いろんな種類がありますし、フリー(無料)のものから、有料のものまで、さまざまみたいです。
ホームページ・スペースを貸してくれるところで、FTPソフトの紹介や解説を行っている場合がありますので、まずそちらを参考にすれば良いでしょう。
よくわからない場合は、まず無料のものを使ってみてから、うまくいかない場合有料に切り替えれば良いと思います。

☆有名なダウンロード・サイト☆
ここに行って、検索フォームに「FTP」と入れてみましょう。たくさん見つかりますよ。


 Home < 超初心者のためのホームページ作成講座 < ホームページを作る前に < Back < ホームページ作成に必要なもの > Next