超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap
 Home > アクセスアップ講座 > ホームページの更新 > Next 

■ ホームページの更新

アクセスアップに効果がある方法をいくつか述べてきましたが、結局はサイトの内容次第です。
検索エンジンでヒットしても、メールマガジンで目に留まっても、内容がつまらなければ見てくれるのは一度きりでしょう。また、内容が充実していなければ、いつまでたってもディレクトリ型検索エンジンには登録してもらえません。
今まで述べてきたようなアクセスアップ対策をしても 100 アクセスに満たない方は、もう一度自分のホームページを見直しましょう。
ここでは、また来たくなるようなホームページについて考えます。


逆説的に考えてみます。二度と来たくないような(言い過ぎ?)ホームページとはどんなホームページか。これを考えれば、直すべき点が見えてくるはずです。

※個人的見解です。こんな意見もあるんだな程度に受け止めて下さい。

その1.ページがやたら重い(−−;)
全部表示される前に、ブラウザの戻るを押しちゃいます。
画像は必要最小限にしましょう。
その2.横スクロールバー出まくり
ページを作るときは、画面領域 800 × 600 ピクセルが望ましいです。
これより大きな画面が主流となりつつありますが、できるだけ多くの人に見てもらうためには、この大きさで作った方が無難です。
しかも、画面の幅めいっぱいに表示されるよりは、左右に多少の余白があった方が見やすいので、1024 以上の横幅を使っている場合でも、スタイルシート(あるいはテーブル)等により、780 ピクセル程度に納めるようにするか、横幅を画面の 90 パーセント程度に設定するようにしましょう。
私は、15 インチのデスクトップを使っていますが、ホームページ作成のため、画面領域を 800 × 600 に変更して使っています。普段ネットサーフィンするときは多少見にくいのですが・・・。
フレームを使う場合も、なるべくスクロールバー(縦・横共)が出ない大きさに調整しましょう。
その3.いきなり BGM が鳴り出す
BGM がかかるホームページを嫌いな人は多いようです。私もあまり好きではありませんが、ページの雰囲気にあった落ち着いた BGM なら許せます(というよりいい感じかも)。
ときどき、けっこうハードな BGM に遭遇します。しかも、ON / OFF や Volume 調整がついてなかったら最悪です。また、常に BGM がかかるトップページを経由しないと他のコンテンツに行けなかったりすると、せっかく BGM を OFF にしたのに、また勝手に鳴り出します。
聴きたい人だけが聴けるようにすべきです。
その4.字が読みにくい
背景色と字の色とで同系色を使っていたり、字が画像に埋もれてしまっていることがあります。また、フォントサイズが小さめの、しかも固定サイズで表示されるようになっていたら、読んでいて疲れます。
デザインよりも見やすさが大切です。
字がはっきり見えるような色使い、フォントサイズは見る人がブラウザの設定次第で変えられるようにしましょう。
その5.覚えた技術を使いまくる
JavaScript や Flash など、ちょっと変わったことを覚えると使ってみたくなる気持ちは分かりますが、感心するのは最初だけで、次からはうっとうしくなります。
ページを見やすくするため、あるいはちょっとしたアクセントとしては良いと思いますが、やたら使いまくるのはどうかと思います。また、使いすぎるとページが重くなりますし、結構ブラウザに依存する場合が多いので、ページを見る人が限られてしまいます。
ページを閉じようとしたとき、「また来てね〜(^^)」などという alert が出たら、二度と来るもんかぁと思っちゃいます。
そういえば、思いっきり文字化けしているのに、右クリック禁止にしているサイトがありました。もう笑うしかないですね。
その6.リンク切れや工事中が多い
コンテンツを完成させてからアップしましょう。
更新予定として表示する場合はリンクをはずしておきます。ページを開いたら「工事中」では、せっかく訪れてくれた方の時間の無駄になります。
その7.迷子になる
見ているうちに、自分がどこにいるかわからなくなることがあります。
できるだけすべてのページからトップページへのリンクを張っておきましょう。
ナビゲーションとしてフレームを活用するのもいいですね。ただし、フレームを使った場合でも、トップページへのリンクは張っておいた方が良いです。検索エンジン等でフレームページがヒットした場合でも、トップページに行くことができます。

直すべき点はまだまだたくさんあります。
こちらのサイトを参考にして下さい。
私のサイトも見直した方が良いかな(^^;

■ やってはいけない!! ホームページの掟
■ ズバリ!! 見てもらえるホームページの作り方


ホームページの内容を充実させるには、何か1つでも目玉となるコンテンツを作れば十分です(これが難しいんだけど)。
このコンテンツで訪問者の気持ちを掴めば、あとは量を増やします。一度に見切れない量のページを作成すれば、自ずと二度三度と足を運んでいただけるでしょう。

アクセスアップ講座はこれで終わりです。時間がある方は次のページへ。


 Home < アクセスアップ講座 < Back < ホームページの更新 > Next