超初心者のためのホームページ作成講座
HTML CSS Dictionary Netscape Color AccessUp Links SiteMap
 Home > アクセスアップ講座 > 相互リンク > Next 

■ 相互リンク

相互リンクとは、お互いにリンクし合うことです。
相互リンクの効果も自動登録リンクと同じくらいだと思います。ただし、相互リンクの場合は自動ではないので、必ずサイト管理者が自分で相手のサイトをチェックしてからリンクを張ることになります。したがって、内容が気に入らなければリンクしてもらうことはできません。
しかし、サイト管理者が気に入ったサイトだけリンクしていると考えれば、ある程度厳選されていると言えますし、リンク集のコメントは、通常サイト管理者が考えるので、サイトの評価を適切に表示していると言えます。
自動登録リンクに比べて量も少ないので、訪問者がちょっとのぞいてみることが多いと思います。

※自動登録型の相互リンクもあります。

私もはじめて訪れたサイトでは大概リンク集はのぞいています。リンク集を見れば、そこのサイト管理者の好みとか趣味、あるいはセンスなどをかいま見ることができますね。例えば、イラスト系のサイトであれば、同様サイトのリンクは必ずと言っていいほどありますし、CGI ダウンロードサイトにリンクしてあれば、ここの管理人さんはホームページ作成に熱心だななどと思ったりします。


Google の PageRank については、前に述べました。より PageRank の高いページからリンクされているページは PageRank が高くなり、Google の検索結果に上位表示される可能性も高くなるということでした。
PageRank の高いページは、そのページ自体アクセスが多いと考えられますので、そのサイトのリンク集をのぞいてみる人も多いはずです。そして、そのリンク集からリンクされているページの PageRank も高くなるので、リンクされているページへの Google からのアクセス数も増加します。
したがって、PageRank の高いサイトからリンクを張ってもらえば、アクセスアップの相乗効果が得られることになります。

理屈は簡単ですが、現実は厳しいです。
私のサイトのリンク集は、友達のサイト、あるいはレンタルなどでお世話になっているサイトを除けば、基本的にホームページ作成に役に立つサイトしか扱っていません。しかも、できるだけ私のサイトで不足している情報を持っているサイトにリンクしています。特に相互リンクを目的にしているわけではなく、有用な情報発信を行っているサイトだと思われるところに対し、ほとんど一方的に(通常は無断で^^;)リンクを張っています。ただ、そういったサイトの中で、相互リンク募集中などと書いてあるサイトの場合は、申し込んでみることもあります。

相互リンクは相手があることですから、申し込んだからといって実現できるものでもありません。当たって砕けろとまではいきませんが、リンクしてもらえたらラッキーくらいの気持ちで申し込んでみるのも良いかも知れません。申し込みの際は、そのサイトの感想や、どこが気に入ったのかなどを申し添えた方が良いと思います。
断られても「ケチッ!」などと思わないで下さいね。自分のサイトがまだまだ未熟だと考えることにしましょう。

*いつの間にか相互リンクが増えていく自動登録型リンク集
■ かんたん相互リンク

*相互リンク募集のためのサイト
■ 相互リンクDEアクセスアップ!


 Home < アクセスアップ講座 < Back < 相互リンク > Next