● 朝日高校同窓会関連へのリンクやトピックス ●
 
岡山朝日高校の校歌です。
MP3形式 640KB
岡山朝日高校の応援歌です。
MP3形式 610KB
岡山一中の校歌です。
MP3形式 495KB
岡山二女の校歌です。
MP3形式 346KB

   校歌・応援歌を聴くときは、アイコンをクリックしてください。

 

岡山県立岡山朝日高等学校校歌

服部 忠志 作詞  
中山 善弘 作曲  

1、国土のなからを占めて
  まがねふく吉備の野平
  旭川きよらに流れ
  操山さやけきところ
  いつくしき学び舎建てり
  のぼる日の名に負ふ
  朝日 朝日

2、はて知らぬ空のまほらに
  高ゆくやあくがれごころ
  としつきのながきながれに
  かがやけるみ名ぞあひつぐ
  ほこらしきわが学び舎よ
  のぼる日の名に負ふ
  朝日 朝日

3、こぞりたつあしもとどろに
  いざわれらいざのもろごゑ
  さやかにもはずむこころに
  もの学びちからありなむ
  かぐはしきとはの学び舎
  のぼる日の名に負ふ
  朝日 朝日

 

 

岡山県立岡山朝日高等学校応援歌

石川滄一 作詩  
中山善弘 作曲  

1、旭の川のせせらぎに
  心洗いし若人が
  抱く理想の崇ければ
  今日よき敵を迎え得て
  花紅のかんばせを
  誉の色に染むるかな
  旭日天に二つなく
  栄光われらと共にあり
  朝日 朝日 朝日 朝日

2、操の山の松風に
  腕高鳴る若人の
  ゆくてをはばむ何かある
  仇なす敵を迎えては
  若き生命と意気の香の
  栄あるいくさかたんかな
  旭日天に二つなく
  栄光われらと共にあり
  朝日 朝日 朝日 朝日

 

 

 

岡山県第一岡山中学校校歌


山田耕筰 作曲  

1、世の盛衰を余所にして
  往時の雄姿そのままに
  吉備の廣野にそそりたつ
  古城ぞ我等の學府なる

2、歴史は長し七十年
  學徒は多し千二百
  古賢の遺風慕ひつつ
  文武の道にいそしめり

3、軒端をこめて咲きにほふ
  花にもまさる我が心
  庭に聳ゆる老松の
  枝とみまがふ我が腕

4、池中の龍の雲を得て
  み空に飛ばん日は近し
  烏城健児の前途には
  希望の光輝けり

 

 

岡山県第二岡山高等女学校校歌

作詩 北川  直  
作曲 新野神助  

1、朝の狭霧晴れゆくところ
  並みよろふ松緑もぞ濃き
  半池の影を見よや友
  おお我等 御国乙女
  共に治めむ高き操
  高き操

2、夕静かに黄昏るる時
  靄たちこむる旭の流れ
  聞け川波の爽けさよ
  おお我等 御国乙女
  いよよ磨かむ清き心
  清き心